ガンの要因

【がんの要因】研究、予防し初期癌ステージで癌治療を目指す!

がん:遺伝的要因

ガンには遺伝的要素があると言われてます。

世の中には、万能というものはない

私が思うに、世の中には万能というものはありません

それはあたかも宇宙を支配する万能の神が、それ以外のものが万能である事を許ない為のように思われます。

その為、どちらかを選択しなければならない

その為、神以外のものは、しかたなく自分で良いと思う方の選択をして進化してきたように思います。

選択には良い面だけではありません。悪い面も必ずあります。

「とかげ」は再生能力を一番に選択した

とかげを例にあげてみましょう。とかげは高度な再生能を選択しました。

その為、しっぽが切られてもすぐ再生できる能力を持っています。

しかしその反面、その高度な再生能力が仇となって、ガンになった場合は、そのがん細胞の再生も増長されやすくなってしまいました

人間は、「とかげ」ほどの再生能力を選択しなかった

人間は、とかげほどの高度な再生能力を選択しませんでした

その為、とかげのような再生能力がありませんが、ガン細胞の再生能力もその分抑えられているのです。

がんになりやすい人となりにくい人との差(一つの考え)

それでは、ガンになりやすい人となりにくい人との差は一体どこにあるのでしょうか?

私が思うに、人ととかげほどの選択の違いはないものの、それぞれの祖先が今までに何千もの選択をしてきた結果、今の家系の違いに繋がってきているのではないでしょうか?

がんになり易い家系となりにくい家系

個人的な大胆な意見ですが、ガンになりにくい家系には高血圧の家系の人が多いように感じられます。

原因は一つでない!食事療法で薬に頼らず、【高血圧】の症状改善!

Contents1 はじめに2 高血圧に関するおすすめの本1冊3 高血圧の要因4 私が取り入れた高血圧の改善策5 状況によって改善効果が変わる理由6 まとめ はじめに 人間の最適な血圧はいくらくらいで ...

続きを見る

それはどうしてでしょうか?

こんな仮説が成り立つのではないでしょうか?

血流が悪くなった時の本能としての選択

人は年齢をとるにつれ、血液を運ぶ能力が衰えたり、長年のコレステロールの過剰摂取などで血流が悪くなった時にどのような選択をしてきたのでしょうか?

血圧を上げて血流の流れを上げた場合はどうでしょうか?

そうすれば血流の流れは良くなります。でもその結果は高血圧になってしまいます。

また、悪玉コレステロールが多い人の場合は血流を上げた結果、血管が傷つき、その結果、血管が破裂したり、さらに血管が詰まってしまうかもしれません。

ただし血流を全く上げないよりも血流は一時的でも良くなるかもしれません。

高血圧の家系はそれ以外の家系よりも血流をあげる事を優先的に選択したのだと思います

ただ、高血圧の家系ではないその差はほんのわずかでしょう。

高血圧でない家系は、高血圧の家系よりも、ほんのわずかだけ血流を上げるのを躊躇し、その為に若干高血圧になりにくい体質になっているかも知れません。

高血圧は治療も大事だが、その原因を調べる事も大事

もし血流が悪くなっている状態で、血圧を上げなければどうなるでしょうか?

健康的な人であれば血圧を上げる必要はありませんが、老化により、血液を運ぶ能力が衰えたり、血管が詰まっていた場合はどうでしょうか?

血液が滞留し、その結果ガン細胞が停滞し発生しやすくなっています。

がん細胞は一日に約5000個発生していると言われている

一つ質問ですが、ガン細胞は一日で何個発生するかご存じですか?

なんと正常な一人の体の中でがん細胞は毎日約5000個は発生しているといわれています。

いわゆる、人は常にガン細胞を多量に保有しているので「ガンになった」という表現は正しくなく、「とうとうがんが見えるまで大きくなってしまった」というのが正しい表現だと思います。

血流とがん細胞の増殖との関係(ある考え)

ここで、血流とガン細胞の増殖との関係を考えてみると・・・・

心臓がんというのを聞いた事はありますか?

心臓がんはあることはありますが、ほとんど心臓がんになったという話を聞いた事はないと思います。

なぜなら、心臓は血流の始点なので血流は他の臓器よりも血流が速く、その為、ガン細胞の増殖を抑えられると考えられています。

もちろん心臓にガンができない理由は他にもあります。

それは、心臓の筋肉質が横紋筋で細胞分裂ができにくい点と、心臓が高温の為である点とかいろいろ理由はあります。

温度に関しては言えば、ガン細胞は40度以上の場所ではその増殖が抑えられるようです。

脾臓がんがないのも同じ理由のようです。

以上の理由で、高血圧の家系は、血流が悪くなった時にガンの増殖をしないよう血流を上げる選択をした結果、他の家系の人よりも高血圧になり易くなった家系だと思われます。

ここで、勘違いをしてはいけないのは、高血圧は決して良い事ではありません。高血圧の家系はそうでない家系の人よりも心筋梗塞や脳梗塞になり易いのです。

選択には、良い面と悪い面とが必ずある

選択には良い面と悪い面が必ずあります。

高血圧の家系でない人は、心筋梗塞や脳梗塞になりにくいのです。

コロナで重症化!【心疾患と脳血管障害】の原因を解明し、予防する!

Contents1 はじめに1.1 心臓や脳の臓器そのものの障害への対応1.2 血管障害の対応策2 心疾患と脳血管障害・・・自分で実施している予防法2.1 毎日の血圧測定2.2 定期的にCTスキャン・ ...

続きを見る

ここで、高血圧の人でもガンの人がたくさんいるのでは、という反論があるかも知れませんが、それは、高血圧の原因追及しないまま、安易に薬等で血圧を下げていないでしょうか?

一時的であれば効果的でしかたがないかも知れませんが、血圧を上げざるをえないというその人の本能の指示を阻害する結果となっては、本末転倒になっているかも知れません。

大事なことは、高血圧になった時に、その原因を突き止める事です。

運動不足であれば、それを改善し、食事が偏っていたら、それを改善する事が重要です。

それで改善できなければ医師の助言を聞いて、薬を処方してもらうのも一つの策ですが、安易に薬に頼るのではなく、あくまで原因を追究し、その改善を図ることが最優先です。

一番悪いのは、安易に薬で血圧を下げて、血流の流れを悪くしてしまう事のないようにしたいものです。

がん:遺伝的要因以外(精神的要因・身体的要因・栄養的要因)

それでは、遺伝的な要因以外のがん対策はどのようにしたらよいでしょうか?

大きく分けて精神的要因身体的要因栄養的要因に分けられると思います。

私はこのうち精神的要因が一番影響が大きいと思います。

精神的要因とは、ストレスなどで呼吸が乱れ、その為、血液の流れが悪くなる事が原因で、1日に約5000個は発生すると言われているがん細胞の増殖を抑えることができなくなってしまう事です。

以前、外資に買収されたホテルフロントのマネージャーが、それまでは健康そのものであったものの半年後にガンになった亡くなった話を聞いて驚いたものでした。

また、東北大地震の時に大変ご苦労された東京電力の吉田所長がガンで亡くなった記憶に新しい事であります。

それほど精神的ショックはガン細胞の増殖に影響を与えるのです。

精神的要因を取り除くには「うつの予防」です。下記の記事を読んで気持ちを楽にさせましょう。

コロナで重症化!【うつ】不安解消! 薬に頼らず症状を改善!休職防ぐ!

Contents1 はじめに2 うつに関するおすすめの本1冊3 うつ 不安解消 3つの方法3.1 一つ目:現在~将来の不安をなくす3.2 二つ目:過去のトラウマをなくす3.3 三つ目:前向きに生きる考 ...

続きを見る

自分は孤独だと感じている人は

【孤独というストレス解消法!】発散して不安を取り除く手があった!

ストレスの多い社会の中で、生き抜いて行くことはたいへんな事ですね。 最近はうつの人が多い気がします。 「気にしない練習」などの書籍が売れているのもわかるような気がします。 病院も最近は心療内科に通う人 ...

続きを見る

自分には運がないと感じている人は

毎日届く「神様からの贈り物」は、善と悪が必ず半々入っています。

最近、悪い事ばかり起きて嫌になっています。運の良さそうな人は、周りにいっぱいいるのに、どうして自分は不幸続きなんだろうと思ってしまいます。 確かに、何でいつも自分には悪い事ばかり起こるのだろうと思って ...

続きを見る

人生に飽きた、諦めたあなたに伝えたい「人生万事、塞翁が馬」の意味

最近、悪い事ばかり起きて嫌になってしまいます。何か良い事が起こるようにお参りでもしてこようかと思っています。 悪い事は、それを乗り越えたり、解決したりする事で、今まで以上に良い事になる可能性もあります ...

続きを見る

次の大きな要因の身体的要因は、ズバリ運動不足です。

毎日、寝てばかりいては血液が全身に行きわたらなくなり、これがガン細胞の増殖に繋がります。

過激な運動はあまりお勧めはできませんが、毎日の適度な運動は必要でしょう。

 最後に栄養的要因として、毎日の食生活があげられます。

日常の食べ物で、ガン対策に良い食べ物はどのようなものでしょうか?

最近は健康ブームのせいか、いろいろなテレビ番組でガンを防ぐ食べ物が紹介されています。

かつてアメリカで考案されたデザイナーフーズは、ガンを防ぐ食べ物の種類をピラミッドにして紹介されました。

その一番上に位置していたのは、ニンニクでした。

また、そのすぐ下には、キャベツ大豆にんじんなど野菜が続いています。

やはり野菜が一番よいのでしょうか?

以前、日本は、健康的な和食をとっていたせいかアメリカに比べ体に良い食物を取っており、世界からも若干のカルシウム不足以外は完璧な食事だと称賛されていました。

でも最近の日本の食事は惨たんたるもので、アメリカは過去の反省からか現在はガン対策に日本以上に取り組んでいるように思われます。

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。日本は、東京を中心に新型コロナウイルスで大変な事になっています。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、ウイルスを撃破して皆さんと ...

続きを見る

-ガンの要因

© 2020 YUGAの理想郷