健康リスク

血圧改善【オメガ3、オメガ9、DHA EPA、オリーブオイル】食品・サプリ!

油の役目とその種類

私たち現代人は本物の油が不足しています。

確かに昨今、油の取り過ぎが問題になっていますが、取り過ぎなのは、本物の油ではなく、偽物の油、いわゆる加工された油の事です。

油の役目としては、約60兆個もの細胞の膜の形成に欠かせないもので、そこでの栄養の供給や老廃物の排出、細胞同士の伝達に役立っています。

また、糖質に代わる第二のエネルギー源としての役割や熱の発散の防止、ビタミンの吸収なども助けています。

油の種類としては、牛肉や豚肉などのに多く含まれる「飽和脂肪酸」とそれ以外の「不飽和脂肪酸」に分かれます。

「飽和脂肪酸」については、牛や豚の脂身の融点(溶ける温度)は人間のより高く、人間の体内では固まりやすい性質を持ちます。

その為、動物性の脂肪の取り過ぎには注意が必要です。「不飽和脂肪酸」については、「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分かれており、「一価不飽和脂肪酸」はオメガ9とも呼ばれており、「多価不飽和脂肪酸」はオメガ3オメガ6に分かれています。

 

◆飽和脂肪酸・・・・・・・・主に動物性の油

◆不飽和脂肪酸・・・・・・一価不飽和脂肪酸(オメガ9)

          多価不飽和脂肪酸(オメガ3とオメガ6) 

体に良い油と悪い油について(概略)

まず、「飽和脂肪酸」を多く含む、牛肉や豚肉その他の乳製品の取り過ぎは体にあまり良くないという事は、前述の、牛や豚の脂身の融点(溶ける温度)は人間のより高く、人間の体内では固まりやすい性質を持ち、その為、動物性の脂肪の取り過ぎには注意が必要とのとおりですが、「不飽和脂肪酸」についてはどうでしょうか。

「不飽和脂肪酸」の中の「多価不飽和脂肪酸」のオメガ3とオメガ6を比較してみて、体に良い油か悪い油か検証してみるとどうでしょうか。

  • 良い油は体の細胞膜を柔らかくする・・・・・・オメガ3(DHAEPA等)

悪い油は体の細胞膜を固くする・・・・・・・・・・オメガ6(サラダ油・マーガリン等)

<2>良い油は体の炎症を抑える・・・・・・・・・・・・・・・オメガ3

悪い油は体の炎症を促進する・・・・・・・・・・・・・オメガ6

*その他、オメガ3は認知症予防・ガン予防に役立つ

 

上記の結果、オメガ3を積極的にとるべきと思われますが、厚生労働省等が推奨している比率は下記のとおりになっています。オメガ3:オメガ6

・厚生労働省・・・・・1:4

・日本脂質学会・・・・・・1:2

・ある脳科学専門医・・・1:1

・私の考え・・・・・・・気持ち9:1(多くの食材に隠れオメガ6が入っているので自然と1:1になる)

*ある脳科学専門医の考えでは、野菜や豆の中にオメガ6が既に含まれているためとの事

*私の考えでは、私たちの身の回りの食材にはオメガ6が多量に使用されている為(コンビニ弁当・おにぎり・パン等)

 

*また「不飽和脂肪酸」のうちの「一価不飽和脂肪酸」オメガ9(代表的はオリーブ油)はオメガ3と同等の働きをするので、積極的に摂取したい。 

体に良い油と悪い油について(詳細)

前述で、総じて体に良い油がオメガ3とオメガ9で体に悪い油がオメガ6という話をしましたが、その種類について、より詳しく説明しますと、下記のとおりになります。

オメガ3・・・①αリノレン酸・・・アマニ油、シソ油、エゴマ油等(加熱すると効力が落ちてしまうので、常温での摂取が必要)

      ②DHA・EPA・・・サバ、アジ、イワシ、サンマなど青背の魚に多く含まれる。DHAは血液の流れを良くし、脳の働きを活性化する効果がある。

オメガ6・・・サラダ油、マーガリン、ショートニング等のアラキドン酸

オメガ9・・・オリーブ油等

*肉料理の誤解点・・・・肉そのものにはオメガ6が含まれているわけではなく、肉料理をする油にオメガ6のアラキドン酸が含まれているのです。よって下記の点を注意すればオメガ6の取入れを防ぐ事ができます。

 〇・・・やきとり、焼き肉、シャブシャブ、蒸し鶏・・・サラダ油等の加工油を使っていない。

 ×・・・・唐揚げ、天ぷら、ステーキ、肉野菜炒め・・・サラダ油等の加工油を使っている。

 ただし、肉そのものに「飽和脂肪酸」が含まれているので、あまり取り過ぎると、血液がドロドロとなってしまいます。

◆体に良い油と悪い油について(内臓脂肪の原因)・・・参考

内臓脂肪はどうしてついてしまうのでしょうか。なぜ皮下脂肪とならないのでしょうか。

ここで一つの仮説を立ててみます。

人は万一食糧がない生活を余儀なくされた場合の為、食べたものを消費する以外に余ったものを体の一部に蓄積していますが、動物等の油成分を主に皮下の貯蔵庫に保管していますが、加工油については、まだ人が貯蔵しても問題ない成分かどうか判定がつかない為、その貯蔵庫へ保管する事ができません。

さりとて全く処分するにはもったいないので一時的に内臓脂肪として仮置きしているのです。

ただし、その仮置き場は正式な倉庫ではない為、許容範囲に限界があり、あまり多量になった場合等は、こぼれて、その近くの内臓の機能に影響を与えてしますのです。

これが生活習慣病たるものです。ゆえに、まだ体が油と認識できない加工油をとりいれる事が不健康の元となっていると思えます。

健康リスク一覧

Contents1 健康リスク2 ガンの要因3 ガンの種類4 重大疾病(ガン以外) 健康リスク ガンの要因 ガンの種類 重大疾病(ガン以外) エルセーヌ「やせる道場?」エステ体験行ってみた! 「目指せ ...

続きを見る

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、皆さんと共に理想郷を目指す目的で、令和2年1月25日に開設しました。(WordPress・ ...

続きを見る

 



-健康リスク

© 2020 YUGAの理想郷