おすすめ本 健康リスク

おすすめ健康本【病気にならない生き方】著者:新谷 弘実


この本の内容

健康で長生きするためにすべきこと、それは、エンザイム(酵素)を浪費しない生活を送り、食事を通じてエンザイムを取り入れること。

胃腸内視鏡学のパイオニアが30万例以上の胃腸を診るなかでつきとめた、病気にならないための「食事」と「生活習慣」とは?

病気にならずに天寿をまっとうできる「理想の生き方」とは?

牛乳やマーガリンの弊害を世間に広く知らしめた話題の本。

健康で長生きするためにすべきこと、それは、エンザイム(酵素)を浪費しない生活を送り、食事を通じてエンザイムを取り入れること。

胃腸内視鏡学のパイオニアが30万例以上の胃腸を診るなかでつきとめた、病気にならないための「食事」と「生活習慣」とは?

病気にならずに天寿をまっとうできる「理想の生き方」とは?

牛乳やマーガリンの弊害を世間に広く知らしめ、大きな共感と話題を呼んだあのベストセラーが、ついに文庫になりました。

全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える、太く長く生きる方法。

まだ読んでいない方はぜひ!

目次

第1章 常識を信じていると危ない!

(四十年間、私が死亡診断書を書かなかった理由/元気な百歳になる方法 ほか)

第2章 太く長く生きるための食べ方

(あなたはあなたが何を食べているかで決まる/新谷食事健康法でガンが再発しない理由 ほか)

第3章 この習慣が健康な体をつくる

(病気の大半は遺伝よりも習慣に原因がある/習慣は遺伝子を書き換える ほか)

第4章 「命のシナリオ」に耳を傾ける

(命には寿命をまっとうできる仕組みがある/臓器別医学は医者をダメにする ほか)

著者略歴

新谷 弘実 しんや・ひろみ

1935年、福岡県生まれ。

順天堂大学医学部卒業後、渡米し、胃腸内視鏡学のパイオニアとして活躍。

世界で初めて、新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術することなく大腸内視鏡によるポリープ切除に成功し、医学界に大きく貢献する。

日米でおよそ35万例以上の胃腸内視鏡検査と10万例以上のポリープ切除術を行っている、この分野の世界的権威。現在、アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授および北里大学客員教授(研究員)。

著書に、ミリオンセラーとなった本書『病気にならない生き方』をはじめ、『病気にならない生き方2 実践編』『病気にならない生き方3 若返り編』(以上、小社)、『胃腸は語る』(弘文堂)、妻・尚子との共著に『病気にならない生き方 レシピ集』(小社)などがある。

おわりに

病気にならずに天寿をまっとうできる「理想の生き方」とは?

全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える、太く長く生きる方法。

まだ読んでいない方はぜひ!








初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、皆さんと共に理想郷を目指す目的で、令和2年1月25日に開設しました。(WordPress・ ...

続きを見る

 

-おすすめ本, 健康リスク

© 2020 YUGAの理想郷