副業・転職・ブログ

おすすめ転職サイト・転職エージェント【転職の探し方・比較】

◆このサイトは、以下の悩みの方におすすめです。

・転職をアシストしてくれる所を知りたい

・ハローワークについて知りたい

・転職サイト・転職エージェントについて知りたい

はじめに

「学校卒業後、会社へ就職、その会社で定年を迎える」これは、ひと昔前の夢物語です。

現在は、終身雇用で、一つの会社のみで生涯を終える事は不可能です。

誰でもいつかは転職しなければなりません。

それはいつでしょうか?

ひとそれぞれ適切な時期があります。

その時期が早すぎても遅すぎても良い結果は期待できません。

このサイトは、転職を推奨しているわけではありません。

できれば最初に入社した会社で、出来るだけ長く勤める事ができれば、それに越したことはありません。

ただし、あまり自分に合っていない会社で無理して勤務し続ける事は得策ではありません。

その時に、このサイトを参考にしていただければ幸いです。

転職先をどこで探したら良いか

「転職をどこで探したら良いか」について

転職をアシストしてくれるのはどんな所があるでしょうか?

★転職先をアシストしてくれる先一覧

・知り合いの会社

・ハローワーク

・転職サイト

・転職エージェント

・求人情報誌

知り合いの会社

身内や友人または知り合いが経営している会社か、その会社を紹介してもらえるならば、転職の確率はかなり高くなります。また、その会社の内部情報もかなり入手できるので、安心して働けます。ただし、入社した後は、あまり勤務内容が悪いと紹介者に迷惑がかかります。そして、多少の事情では、退職しずらくなります。

ハローワーク

ハローワークは、地元で就職したい人に向いています。

転職サイト

転職サイトは、自分のペースで求人を選びたい人に向いています。

転職エージェント

転職エージェントは、親身になって求人を紹介してほしい人に向いています。

求人情報誌

求人情報誌は、地域の求人を手っ取り早く探したい人に向いています。

ハローワークについて

ハローワークは、公共の職業安定所で、全国各地に設置されています。

ハローワークは職業紹介だけでなく、失業保険の給付手続きや職業訓練などの業務も運営しています。

全国各所に所在しているので、地元での就職を希望している人には、向いているでしょう。

民間の就業支援機関がまだ認可されていなかった頃は、ハローワークは重要な転職支援拠点でした。

しかしながら、民間での就業支援業務が認可されてからは、転職サイトや転職エージェントが人気になっています。

★ハローワークのメリット

地元での就職を希望している人には向いています。

★ハローワークのデメリット

対象先が中小企業先が多いので、大手企業先が少ない

求人の募集内容と実際の内容にズレがある場合が多い

本格的に転職を考えているのなら、転職サイトや転職エージェントを利用する事をお勧めします。

なぜなら、ハローワークは主に地元の企業先中心に限られている為、中小企業が中心で、大手の企業が少ないのが欠点です。地元で就職を考えているのなら別ですが、対象企業の質や量においては、転職サイトや転職エージェントには及びません。

ここで、転職サイトと転職エージェントの違いについて見てみましょう。

転職サイトと転職エージェントとの違い

★転職サイト

好きな求人を自分で探して応募から面接まで進めていく方式

★転職エージェント

キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、その人に合った求人を探してくれる方式

転職サイト

転職サイトは、無料会員登録後、全国の求人情報を自由に検索して自分に合った求人を探す事ができます。

転職エージェントとは違い、担当者がつかないので、自分のペースで転職活動ができます。

★メリット

・全国の求人を自由に探せる

・求人のすべてに応募できる

・自分のペースで転職活動ができる

★デメリット

・アドバイスが受けられない

・公開情報しか閲覧できない

・自分で転職活動をしなければならない

主な、転職サイト

リクナビNEXT

株式会社リクルートキャリアが運営する社会人のための転職サイトです。

全国の求人情報を勤務地や職種、各自のスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功の

ヒント満載の求人/転職のサイトです。

職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届

くスカウトサービスもあります。

20代~40代と幅広い年齢層に対応する業種を扱っています。

ビズリーチ

無料登録すると、厳選した国内外の優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。

転職希望者が求人票を見て応募する事もできます。

年収1000万円以上の求人もあり、有名企業のオファーなど求人の質が高いのも特徴です。

マイナビ転職

20代や第二新卒など転職経験の少ない人にも向いています。

比較的、中小企業が多い傾向があります。

@type

IT系やキャリア採用に強いサイトです。

首都圏(東京横浜大阪など)を中心に、全国の豊富な求人・仕事情報を掲載し、「正社員」「英語」「女性」「未経験」「大手優良企業」「非公開求人」など様々な条件で求人検索できる転職サイトです。

typeでは、面接対策に最適な情報が見れる「面接情報ページ」や求人募集企業からアプローチが届く「スカウト」「応募歓迎」「オファーDM」「マッチング」などの独自機能もあります。

その他、履歴書・職務経歴書、志望動機の書き方やサンプル文面、面接マナーなどの転職ノウハウも充実しています。

業界最大級の転職フェア「エンジニア転職フェア」や転職相談ができる「type転職エージェント」など、さまざまな転職支援サービスもあります。

エン転職

若手や女性、未経験に向いています。

エン転職の担当者が直接企業を取材し、詳細な求人情報を作成。徹底した「求職者目線」の追求にこだわっています。

取材者からみた「やりがい・厳しさ」や「向き・不向き」に加え、現社員や元社員からのクチコミ情報など、信頼性の高い転職・求人情報を提供しています。

求人の検索方法は、多数あり、人気が高いのは、希望する職種や業種、勤務地、会社のタイプをもとに、マッチ度の高い求人を検索できる「希望条件検索」があります。

他にも、人気のテーマにあわせて選りすぐりの求人を紹介する「求人特集」や、"誰に役に立つ仕事か"を軸に探せる「働きがい検索」などもあります。

初めての転職の方や、転職経験が少ない方には、「転職ノウハウ」も人気のコンテンツです。

書類作成に使えるネタや、転職活動のヒントがつまった「転職大辞典」、ひと足先に転職活動を成功させた方にインタビューした「わたしの転職体験記」、求職者から寄せられた疑問・お悩みにお答えする「転職Q&A」など、転職活動を有利に進めていくためのノウハウやお役立ち情報が満載です。

また、エン転職に会員登録すると、多彩なサービスが無料で利用可能になります。

職務経歴を匿名公開することで企業から届くスカウト機能や、編集部がピックアップしたオススメ求人が届くメールサービス、応募先企業の面接内容が事前にわかる「面接対策レポート」により、転職成功の可能性が広がります。

転職エージェント

転職エージェントは、無料会員登録後、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーがつきます。

転職希望者は、その担当者に自分の希望条件を提示します。

その条件やその人の適正を考慮した後、非公開情報を紹介する方式です。

担当者に履歴書や職務経歴書の書き方や面接のアドバイスなどもしてもらえます。

転職エージェントは、企業に人材を紹介する見返りとして、入社が決まった場合に、企業から成果報酬を受け取る事で成り立っています。

その為、エージェント側は、どうしても成約させたいと考えています。

その会社が本人に合った会社なら良いが、本人に向いていないとしても、成約目的の為に、成約しやすい会社を勧められる可能性もあります。

★メリット

・自分に合った求人を探してもらえる

・非公開情報も紹介しもらえる

・転職までのサポートを受けられる

・履歴書や職務経歴書を添削してもらえる

・不採用の場合、フィードバックをしてもらえる

★デメリット

・担当者の紹介先しか応募できない

・自分のペースで就職活動ができない

・報酬は入社した場合の成果報酬の為、その人に合ってない企業でもゴリ押しされる可能がある

主な転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数NO.1を誇る大手転職エージェントです。

様々な業種・職種に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

リクルートエージェントとリクナビNEXTとの違い

リクルートエージェント リクナビNEXT
サービス キャリアアドバイアーが応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを行います。 キャリアアドバイザーが伴走する代わりに、Web上で気軽に読める便利なコンテンツや機能が充実しています。
求人数 保有する求人数は、多くが非公開情報で約10万件に及びます。 求人数は非公開です。

 

 

 

支援方法 申込後にキャリアアドバイザーとの面接を経てから、求人の紹介や転職支援サービスが開始されます。 リクナビNEXTはWeb上で経歴などを登録すれば、どなたでも、どの求人にも応募することが可能です。
サービス内容 求人の紹介と転職サポートがリクルートエージェントの主なサービスとなります。 求人検索や企業の応募だけでなく、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や提携転職エージェントからオファーが届くことがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビが運営する転職エージェントです。

JACリクルートメント

全国に9つの拠点(東京本社・埼玉・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島)があります。

忙しくて、来社ができない場合は、電話相談も受け付けています。

今すぐの転職でなくても、今後のキャリアに関する相談にものってもらえます。

dodaエージェント

dodaエージェントは人材大手のパーソナルキャリアが運営する、業界最大手の転職エージェントです。

非公開求人を含む約10万件の求人から選択できます。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒など若年層をターゲットにした転職エージェントです。

希望の人には電話のみでのカウンセリングも行っています。

運営会社のレバレジーズ株式会社は、エンジニア・医療領域を軸に、様々な業界のキャリアサポートを2005年から行い、累計10万人以上のサポートしています。

パソナキャリア

人材派遣業で業界最大手のパソナが運営している転職エージェントです。

求人数は約4万件以上

各専門分野の転職に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

転職サイトと転職エージェントの利用方法

一般的に、転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、その人に合った求人を探して、応募から面接まで面倒みてくれるので、初心者に向いています。

何度も転職経験があり、転職の方法に熟知している人は、転職サイトで様々な転職先へ応募して決める方法良いでしょう。

しかしながら、同じ転職先なら、転職サイトから申込むよりも、転職エージェントから申込む方が転職の可能性が高くなります。それは、転職エージェントは、転職サイトよりも転職先を熟知しているからです。

また、一つの方法として、下記の流れで応募するやり方もあります。

・①転職サイトに登録する

・②転職サイトで、自分の希望の会社を検索等でピックアップする

・③その後、転職エージェントに申込み、自分の希望の会社についての相談をする。

・④応募先を決め、転職エージェントで応募方法のレクチャーを受け、推薦状付きで応募する。

いずれにしても、転職サイトと転職エージェントの利点を生かして、転職活動をされる事を望みます。

★主な、転職サイト

・①リクナビNEXT

・②ビズリーチ

・③マイナビ転職

・④@type

・⑤エン転職

★主な転職エージェント

・①リクルートエージェント

・②マイナビエージェント

・③JACリクルートメント

・④dodaエージェント

・⑤ハタラクティブ

・⑥パソナキャリア

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、皆さんと共に理想郷を目指す目的で、令和2年1月25日に開設しました。(WordPress・ ...

続きを見る

 

-副業・転職・ブログ

© 2021 YUGAの理想郷