住宅ローン

第五回 誰でもわかる住宅ローン講座【変動金利にするべきか・固定金利にするべきか】

・変動金利と固定金利についてよくわからない!
・変動金利のメリット・デメリットがわからない!
・固定金利のメリット・デメリットがわからない!
・その他の注意点について知りたい!
こんな悩みを解決できます!なぜなら
私は元銀行員で、在職中は、住宅ローン本部に所属、最近12年間で1万人を超える人と実際に面談し、ローン相談をしてきました。
また、FP1級、宅建、社会保険労務士の資格保有者です。
その経験から、皆さんに合った選び方を解説しています!
勇華

このサイトは、こんな人に向いています!

・変動金利と固定金利の違いについて知りたい!
・変動金利のメリットとデメリットを知りたい!
・固定金利のメリットとデメリットを知りたい!
・その他の注意点について知りたい!

変動金利のメリット・デメリット

変動金利の仕組み

変動金利の元となっているのは、短期プライムレート(銀行が上場会社に貸出す1年以内の金利の指針)で、その変動によって金利が変動します。

ただし、実態は、短期プライムレートは2009年1月から変わっていません。

10年以上も変わっていない事になります。

最近、住宅ローンの金利が低い低いと騒がれていますが、短期プライムレートが下がっているのではなく、各銀行が競争で店頭表示金利よりも割引した金利で対応しているからです。

変動金利のメリット

やはり、金利の安さでしょう。

固定金利もかなり安くなっていますが、変動金利とはだいぶ差があります。

変動金利のデメリット

変動金利は借入期間の金利を約束したものではないので、金利の変動により年2回金利が変わる可能性があります。

固定金利のメリット・デメリット

固定金利の仕組み

銀行によって多少異なりますが、通常2年・3年・5年・10年・15年・30年等の固定期間があります。

1度その期間の金利で設定しますと、その期間は市場金利の変動があっても借入金利の変更がないので、安心です。

ただし、スタート時の固定金利の店頭表示は毎月変動する可能性がありますので、融資実行時の月初にならないと、スタート時の固定金利がわからないので注意が必要です。

固定金利のメリット

一度その期間の金利で設定すれば、その間市場金利が上がっても借入金利の変動はない

固定金利のデメリット

変動金利に比べて原則、金利が高い

変動金利で借りるできか、固定金利で借りるべきか

安い金利で借りたい人は、変動金利を選ぶ傾向にあります。

現在はほとんどの人が変動金利で対応しています。

その理由は、変動金利とはいっても、その元となっている短期プライムレートが10年以上も変わっていない事にあるようです。

また、最近景気もあまり良くないので、金利の急上昇はあまりないとの思惑もあるようです。

一方、固定金利を選ぶ人は、さすがに今は過去に比べて固定金利が安くなっているので、この機会に固定金利にしておいた方が安心だとの考えのようです。



解決策

変動金利や固定金利については、その人のライフプランによって検討しなければ、どちらが正解かはわかりません。

しかき、今までいろいろと検討して金利を決定したとしても将来は予想と違っている事の方が多いものです。

変動金利か固定金利か悩ましいものです。

ここで一つの提案があります。

銀行の中には、変動金利と固定金利との組み合せで借入できるところもあります。

二つを組み合わせる事で、変動金利の安さと固定金利の安心さの半分づつを取り入れる事ができます。

ぜひ、検討して見ましょう。

次回「第六回 誰でもわかる住宅ローン講座」は「元利均等返済にすべきか元金均等返済にすべきか」について解説しています!

ぜひ、お楽しみに!



家から徒歩0分のヨガスタジオ

◆初心者応援アフィリエイト◆アクセストレード

アフィリエイト情報



気の利いた英語フレーズをマスターしたいなら【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

エルセーヌ「やせる道場?」エステ体験行ってみた!
「目指せ!合計-8cmやせる体験」施術中の【画像】を大公開
・「いたたたた!」代謝促進のテンポイント施術!
・これがエルセーヌ「エステティシャンのマッサージ技術!」
・「これはヤバい!」腰のクビレが復活!
などなど、感動のBefore&After「これはやせる!」と実感できる体験談!

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。日本は、東京を中心に新型コロナウイルスで大変な事になっています。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、ウイルスを撃破して皆さんと ...

続きを見る

-住宅ローン

© 2020 YUGAの理想郷