将来の不安をなくす方法

毎日届く「神様からの贈り物」は、善と悪が必ず半々入っています。

最近、悪い事ばかり起きて嫌になっています。運の良さそうな人は、周りにいっぱいいるのに、どうして自分は不幸続きなんだろうと思ってしまいます。
確かに、何でいつも自分には悪い事ばかり起こるのだろうと思ってしまう事は多いですね。

でも、他の人が幸せそうに見えても、他の人も同じように、何で悪い事ばかり起こるんだろうと思っているかも知れませんよ。

このサイトを見て、元気を出してごらん!

勇華

このサイトはこんな悩みの人に向いています!

・なぜ、自分には悪い事ばかり起こるのだろうか?
・神様は本当に平等に見てくれているのだろうか?
・運が向くにはどうしたら良いのだろうか?

悪い時ばかりではない。良い事も同時に起こります。

ただ良い事が反映されるのに時間がかかるだけなのです。

人は毎日、神様から贈り物が届きます。

神様から届く贈り物

神様から届く贈り物はどんな物でしょうか?

たとえば丸い種子のようなものを仮定してみましょう。

その丸い種子の構成は、善が半分悪が半分、調合されています。その調合方法は様々です。

表面が善で中が悪のケース二つに割った左半分が善で右半分が悪のケースそれぞれバラバラに入り混じったケース等いろいろなケースが想定されます。

たとえば表面が善で見えない中の部分が悪のケースを考えてみましょう。

表面が善で見えない中の部分が悪の贈り物の場合

この場合、善いことだけがが見えていて悪い事は見えていません。

例として、大金が入ったと仮定しましょう。

大変良い事ですが、悪い中の部分はまだ隠れたままです。

その場合、その丸い種子を大切に育てておけば悪い芽がでないのですが、粗雑に扱っていると次第に中から悪い芽が出てしまいます。

たとえば、お金がある事を理由に仕事をしないでいると堕落して惨めな結果に至ってしまいます。

また逆のケ-スを考えてみましょう。表面の見えている部分が悪で中の見えていない部分が善のケースです。

表面が悪で見えない中の部分が善の場合

その場合の例として、勤めていた会社が倒産してしまったと仮定しましょう

この場合は、悪い表面だけが見えているのです。まだ中の良い部分は見えていません。

その為、その時にその人は、くじけずに、その丸い種子を大切に育てていけば、たとえば地道にコツコツ勉強しけば、弁護士資格を取得し弁護士になることも可能になる事でしょう。

まだまだ例はあります。

行きたくない部署に無理やり行かされた。

でもそこで素敵な人にめぐり会えてお付き合いが始まり、ついに結婚する事ができるかも知れません。

会社でお荷物の部署に追いやられた。

でも時代が変わって将来有望な部署になるかも知れません。

など例をあげたらきりがありません。

こう考えてみると、人は誰でも毎日、善悪の贈り物を半分ずつ公平に受け取っていると思えてくるのです。

いい事が起きている時には悪い事が潜んでいるし、悪い事が起きた時は同時に善い事が芽生えているのかも知れません。

ただ、良い事が反映されるのには時間がかかるのです。

ですから、いやな事があっても、あせらず、くさらず、地道にコツコツやっていく事が大切なのです。

そのような事を最近改めて感じました。

好きな格言

チャンスは自分からチャンスと名乗らない(ピンチとチャンスは同時にやってくる)

成功の扉は突然開く(少しずつ見えてくるものではない)成功の女神は、その人間の忍耐力とか、執着心の強さを試している)

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、皆さんと共に理想郷を目指す目的で、令和2年1月25日に開設しました。(WordPress・ ...

続きを見る

-将来の不安をなくす方法

© 2020 YUGAの理想郷