失敗を成功に変える方法

人生に飽きた、諦めたあなたに伝えたい「人生万事、塞翁が馬」の意味

最近、悪い事ばかり起きて嫌になってしまいます。何か良い事が起こるようにお参りでもしてこようかと思っています。
悪い事は、それを乗り越えたり、解決したりする事で、今まで以上に良い事になる可能性もありますよ!

中国の故事「人生万事、塞翁が馬」にあるように、良い事と悪い事は表裏一体になっているようです。

このサイトを見て元気をだしてください。

勇華

中国の故事「人生万事、塞翁が馬」とは(その意味)

塞翁が馬」は中国の前漢の時代に書かれた『淮南子』という書物の話が元となってできた故事成語です。
人生の幸不幸や吉凶は変転するものであり、人間の予想や思惑どおりにはならない。という意味です。

話は、国境のとりでの近くに、運命判断など占いの術に長けた老人の一家がありました。ある日飼っていた馬がなぜか突然国境の外、胡人(北方の異民族)の住むあたりに逃げていってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は

今度のことは福を呼び込んでくれるかもしれんよ」と言います。

それから何か月かして、この逃げた馬がなんと胡人の飼っている立派な馬を何頭か引き連れて戻ってきました。人々がまたやってきて「良かった良かった」と祝福すると老人は

これは災いをもたらすかもしれんよ」と言います。

この老人の家では良馬をたくさん飼っていたのですが、ある日老人の息子が馬から落ち足の骨を折ってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は

今度のことは良いことかもしれんよ」と言います。それから一年が過ぎ、胡人が大挙して国境を越えて侵入してきたので、体の頑健な男子はみな兵隊にとられてしまいました。彼らの多くはこの国境のあたりで戦死しましたが、老人の息子は足を悪くしていたため徴兵を免れ、親子ともども命拾いしたということです。

この事をわかりやすく、現代に置きかえて見ましょう。

イチロー選手の例

皆さんがよくご存じのイチロー選手ですが、今や彼が世界屈指のバッターである事については誰も異論がないと思います。

ただ彼が学生時代に交通事故にあい、それまでピッチャーをしていた事をあきらめざるを得なくなってしまった事をご存じでしょうか。

交通事故にあうという事は大変不幸な事であると思います。

ただ彼はその事でめげず、くじけずに一流バッターへの道を努力してめざしてきました。

その結果が今日の彼の姿であると思います。

ここで、もし彼に交通事故にあわなかったとしたら今のような世界屈指のバッターになれたでしょうか。

もちろん世間一般に知られる一流バッターにはなれたでしょうがここまでの世界屈指のバッターになれたかどうかは疑問符がつきます。

皆さんの中でも、そのような経験をいろいろとお持ちではないでしょうか。

身近な「人生万事、塞翁が馬」の例

彼女にふられたが、もっといい彼女ができた。

第一志望の会社に入れず第二志望の会社に入ったが、まもなくして第一志望の会社が倒産した。

など、考え出したら枚挙にいとまがないと思います。

結論からいいますと(何が言いたいかというと)善い事があっても有頂天にならず慎重に行動し、悪いことがあってもめげずに行動することが大切だと考え行動しようと思います。

初めに見てほしいページ

勇華みなさんこんにちは!このブログの運営者 YUGA勇華(ゆうが)です。日本は、東京を中心に新型コロナウイルスで大変な事になっています。このブログは、「世間の荒波を乗り越え、ウイルスを撃破して皆さんと ...

続きを見る

-失敗を成功に変える方法

© 2020 YUGAの理想郷